「鏡」から「コンティンジェンシー」ヘ

2004年09月19日 | クオリア日記の該当記事 | このファイルに関連するクオリア日記の記事

日本認知言語学会 第5回大会
茂木健一郎 「鏡」から「コンティンジェンシー」ヘ:
言語の認知プロセスについての考察
(talk 80分、質疑応答 30分)

関西大学(千里山キャンパス)
Download MP3, 46.7MB, 分

予稿も読むことができます。

http://www.qualia-manifesto.com/2004jcla.html


クオリア日記より抜粋:

 認知言語学会では、自分の話はさておき、
辻幸夫先生や池上嘉彦先生といろいろ議論できたの
が大変しみじみと嬉しかった。
 
 話を終えて、
 京都への新快速に乗りながら考えた。
辻さんにせよ、池上さんにせよ、
 立派な学者というものはある姿をしている。
 
 イギリスでは、オックスフォードを出た
人間は世界は自分のものだと思い、
ケンブリッジを出た人間は、世界が誰のものでも
構わないと思う、というジョークがある。
 ITやベンチャーだ、プロ野球のオーナーだ
と言っている人たちはきっと世界が自分のものだと
思いたいのだろう。
 立派な学者の姿は、そのような心の働きとは
別の、ディタッチメントの気配に満ちている。

 所有することよりも、理解することの喜びに
一生を捧げる人たちの姿である。

 クオリアの起源と同じくらい、言語の起源も
むろん難しいのであって、そのような掛け値なし
の難問題に無私の精神をもって取り組む道は
美しい。

トラックバック(0)

トラックバック(0)

MP3の感想や関連した記事のトラックバックを歓迎したします。トラックバックは承認制ですが、どしどしトラックバックを送って下さい。

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「鏡」から「コンティンジェンシー」ヘ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/MT-4.25/mt-tb.cgi/923

最近のブログ記事

「ブランドと脳」を公開しました。
下記の音声ファイルを公開しました。 [す…
「脳から見た同時代」を公開しました
下記の音声ファイルを公開しました。 [す…
「偶有性の自然誌」を公開しました。
下記の2点を公開しました。 [すぐ聞く]…

ポッドキャスト配信

上のリンクをクリックするとiTunesが起動し、もぎけんPodcastが登録されます。