小崎哲哉さんとの対談 (先見清談)

文脈主義、視覚優位、芸術、文学 

霞ヶ関ビル
Download MP3, 21.8MB, 95分

クオリア日記から抜粋

千代田線で急いで霞ヶ関に移動。
霞ヶ関ビルに来るのは、幼い時に父に手を
引かれて当時日本一のビルを見上げた時以来か。
 この程度の高さで日本一かと、
かえってあの頃の時代精神がなんだか懐かしく、
ゆかしい。

 REAL TOKYOやART iTを主宰されている小崎哲也
さんがコーディネートされている先見清談。
 
 小崎さんの用意してくださったパワーポイント
に導かれ、いつもとは少し違う切り口で
ものを考え、話すことができた。
 小崎さん、ありがとうございました。

トラックバック(0)

トラックバック(0)

MP3の感想や関連した記事のトラックバックを歓迎したします。トラックバックは承認制ですが、どしどしトラックバックを送って下さい。

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 小崎哲哉さんとの対談

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/MT-4.25/mt-tb.cgi/532

最近のブログ記事

「ブランドと脳」を公開しました。
下記の音声ファイルを公開しました。 [す…
「脳から見た同時代」を公開しました
下記の音声ファイルを公開しました。 [す…
「偶有性の自然誌」を公開しました。
下記の2点を公開しました。 [すぐ聞く]…

ポッドキャスト配信

上のリンクをクリックするとiTunesが起動し、もぎけんPodcastが登録されます。