2004年度 後期第4回
愛によって脱落するもの

この講義の予告

美術解剖学

本日(11月11日)

東京芸術大学『美術解剖学』講義 
後期第4回

 愛の脳内機構について概説し、愛や美が正の活動だけではなく、負の活動(欠落)によって生じる可能性を考えます。そのことが、芸術の創作、鑑賞に持つ含意を探ります。

15:35 〜 17:00

美術学部 中央棟 第8講義室

トラックバック(0)

トラックバック(0)

MP3の感想や関連した記事のトラックバックを歓迎したします。トラックバックは承認制ですが、どしどしトラックバックを送って下さい。

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 美術解剖学 041111

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/MT-4.25/mt-tb.cgi/555

最近のブログ記事

リブートするかもしれません
ご無沙汰しております。もぎけんPodca…
「ブランドと脳」を公開しました。
下記の音声ファイルを公開しました。 [す…
「脳から見た同時代」を公開しました
下記の音声ファイルを公開しました。 [す…

ポッドキャスト配信

上のリンクをクリックするとiTunesが起動し、もぎけんPodcastが登録されます。