ゲスト・レクチャー 椿昇さん

この授業の予告

クオリア日記より抜粋:

 芸大の美術解剖学は、
 椿昇さんが授業にいらして、
とても面白かった。

 多動症と言われる私だけども、
じっと座って人の話を聞くのがキライ
というわけではなくて、
 特に、椿さんの話は、聞いている
うちに脳内快楽物質が分泌されて
いくのがはっきりと判った。

 何回も反復して考えたい点が
満載の授業であった。

 質問の時間になって、案の定、
「芸大の刺客」、杉原信幸が
椿さんに突っかかる。
 そこから二人が交わした会話が
またもや面白く、芸術とは何か、
現代社会におけるアートはどうあるべきか
という問題を考える上で、とても
重要な論点を提示していた。

授業終了後、椿昇さんに芸術問答を挑む杉原信幸。
写真を撮ろうとしたら、藤本徹が椿さんの個展
UN boyのパンフレットをフレームインさせた。

 これで、今年度の美術解剖学の
授業は終わり。
 また来年の4月から開講いたします。

トラックバック(0)

トラックバック(0)

MP3の感想や関連した記事のトラックバックを歓迎したします。トラックバックは承認制ですが、どしどしトラックバックを送って下さい。

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 美術解剖学 椿昇

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/MT-4.25/mt-tb.cgi/570

最近のブログ記事

リブートするかもしれません
ご無沙汰しております。もぎけんPodca…
「ブランドと脳」を公開しました。
下記の音声ファイルを公開しました。 [す…
「脳から見た同時代」を公開しました
下記の音声ファイルを公開しました。 [す…

ポッドキャスト配信

上のリンクをクリックするとiTunesが起動し、もぎけんPodcastが登録されます。