2005年アーカイブ

「芸術の自由」

ゲストトーク:保坂和志

トラックバック(0)

クリスマス・レクチャー2005

トラックバック(0)

対論
高橋悠治 × 茂木健一郎 
他者の痛みを感じられるか

トラックバック(0)

対論 島田雅彦 × 茂木健一郎
脳と文学

トラックバック(0)

高橋瑞木 東京芸術大学講義
「キュレーションの現場から」

トラックバック(0)

 茂木健一郎 「個別と普遍」
立教大学 比較文明学会総会

トラックバック(0)

「第三項アートについて」

池上高志 東京芸術大学講義

トラックバック(0)

池田雅延氏(新潮社)、小林秀雄を語る

注)講演冒頭が抜け落ちていますが、脱落部分は約
3分で、それ以外は収録されています。

トラックバック(0)

Uprise座談会

石井琢郎、小俣英彦、今野健太、坂本暁美、茂木健一郎

トラックバック(0)

小林秀雄賞 選評、スピーチ

主催者挨拶 新潮文芸振興会理事長 佐藤隆信(新潮社社長)
小林秀雄賞 選評 河合隼雄(文化庁長官)
受賞者スピーチ 茂木健一郎
(続く桜井よし子さんの冒頭まで)

トラックバック(0)

眞田武彦 × 茂木健一郎 対談

トラックバック(0)

佐藤雅彦 × 茂木健一郎 対談

日 時: 8月12日(金) 6:30−8pm
会 場: DNP銀座ビル5階  要予約  先着70名
出 演: 茂木健一郎(脳科学者)+佐藤雅彦

トラックバック(0)

 「思い出せない記憶の意味について考える」

「自分自身から解放されて、世界について考えること」
(含質疑応答)

ソニーコンピュータサイエンス研究所展
2005.7.16. 〜 7.24.
http://www.sonyexplorascience.jp/scsl/

 私たち人間は、世界について知りたい、理解したいと思っています。世界を知る営みである科学が人間にもたらしてきた恵みについて、科学する際の心の動き、脳の働かせ方に焦点を当てて、やさしく解説します。科学のすごさ、科学的に考えることの楽しさを知り、思わず飛び上がってしまうような感動を共有しましょう。

トラックバック(0)

「科学することと、他人の心を知ることは同じである」
(含質疑応答)

ソニーコンピュータサイエンス研究所展
2005.7.16. 〜 7.24.
http://www.sonyexplorascience.jp/scsl/

 私たち人間は、世界について知りたい、理解したいと思っています。世界を知る営みである科学が人間にもたらしてきた恵みについて、科学する際の心の動き、脳の働かせ方に焦点を当てて、やさしく解説します。科学のすごさ、科学的に考えることの楽しさを知り、思わず飛び上がってしまうような感動を共有しましょう。

トラックバック(0)

秋元雄史(直島・地中美術館館長)

「家プロジェクトから地中美術館へ」

トラックバック(0)

日本マーケティング協会研究会

トラックバック(0)

「文学と神話」

トラックバック(0)

渋谷慶一郎(作曲家)
「現代の音楽 〜100年の視線〜」

トラックバック(0)

ゲスト・レクチャー
渡辺真也(「もう一つの万博 - ネーション・ステートの彼方へ」キュレーター)

「国民国家から見るクオリアとアート」

トラックバック(0)

『心脳問題』
東京大学教養学部 広域科学科 認知オムニバス講義

今日は、せっかくの母校での授業だし、
池上高志もいるし、
パワーポイントなんか使わないで、
心脳問題についての原理的考察をします。


 

トラックバック(0)

千葉県精神科医療センター開設20 周年記念学術集会

トラックバック(0)

朝日カルチャーセンター講座
脳と癒し 第4回
南直哉×茂木健一郎対談

トラックバック(1) コメント(1)

「タフ ラブ」(tough love)
Lecture 4 

トラックバック(0)

聖心女子大学
臨床心理学特講

トラックバック(0)

束芋 東京芸術大学 美術解剖学 授業
Lecture Records

トラックバック(0)

「脳と創造性」刊行記念講演会
三省堂神田本店

「モーツァルト問題」
人と作品になぜギャップがあるのか?

天才の創造のプロセスを脳の働きから探る
+質疑応答

トラックバック(0)

内藤礼 美術解剖学 特別講義 

トラックバック(0)

エンジン01文化戦略会議
オープンカレッジ in 穂の国

船曳建夫・植島啓司・島田雅彦・茂木健一郎

トラックバック(0) コメント(4)

朝日カルチャーセンター講座
『脳とデザイン』第一回

原研哉 × 茂木健一郎 対談

トラックバック(0)

鼎談「明るく生きるために」

桑原茂一 × 吉村栄一 × 茂木健一郎

トラックバック(0)

ポッドキャスト配信

上のリンクをクリックするとiTunesが起動し、もぎけんPodcastが登録されます。