美術解剖学 ゲスト:内藤礼

2005年04月29日 | クオリア日記の該当記事 | このファイルに関連するクオリア日記の記事

美術解剖学 2005年度
特別講義 ゲスト 内藤礼さん

Podcast登録 : RSS | Apple

東京芸術大学 美術学部 第三講義室
Download MP3, 38.9MB, 85分

クオリア日記より抜粋

 内藤礼さんは、シャイな方で、
大学でレクチャーするというのは
初めてだということで、
 昨日はまさに歴史的瞬間だった。

 第3講義室を埋めた120名以上の
学生たちも、きっと満足したことだと
思う。

 内藤さんのすごいのは、繊細で、
傷つきやすく見えながら、
 実は強靱で揺るがないものを内に
秘めていることで、
 それは質疑応答を聴けば明らかだと
思う。
 
 精緻で磨き上げられた言葉をもって
細い線を描きつつ、
しかししっかりと本質を織りなす太い線も
視野の中にとらえている。
 類い希な人である。
 
 歴史的瞬間に立ち会えたことを
幸運に思う。

 終了後、恒例により、東京都美術館前
あたりの公園でカクテルタイム。
 昨日は風も涼しく、さわやかで、最高だった。

 講義前、蓮沼昌宏、植田工、杉原信幸、藤本徹の
「芸大美術解剖学4人組」は、特別に
内藤さんと昼食会を持った。
 ああいうのは絶対に良いeducationである。
 場所をとってくれた藤本くん、ありがとう。
 
 内藤レクチャーにはいろいろな人が
来た。
 ギャラリー小柳の深澤千絵さん、MCプラニングの
薄羽美江さん、美術評論の橋本麻里さん、電通の
佐々木厚さん、東大広域科学の池上高志、鈴木健、
布施英利さん、「もう一つの万博」の渡辺真也さん、
その他。。。

 授業終了後、教室で、公園で、
内藤さんはずっと学生たちに囲まれて大変だったと
思う。
 内藤礼さん、本当にありがとうございました。

最近のブログ記事

2005年までの公開が完了しました
2005年末までの音声ファイルの公開が完…
2004年までの公開が完了しました
2004年末までの音声ファイルの公開が完…
2003年の公開が完了!
何度目かのデータクラッシュを経て、いまま…

ポッドキャスト配信