小林秀雄賞 選評、スピーチ

2005年10月07日 | クオリア日記の該当記事 | このファイルに関連するクオリア日記の記事

小林秀雄賞 選評、スピーチ

主催者挨拶 新潮文芸振興会理事長 佐藤隆信(新潮社社長)
小林秀雄賞 選評 河合隼雄(文化庁長官)
受賞者スピーチ 茂木健一郎
(続く桜井よし子さんの冒頭まで)

Podcast登録 : RSS | Apple

ホテルオークラ別館 地下二階 アスコットホール
Download MP3, 6.7MB, 14分

[クオリア日記より抜粋]

命がけの跳躍への。

 小林秀雄賞と新潮ドキュメント賞の
贈呈式と祝賀パーティー。
 ホテルオークラにて。
 新潮文芸振興会(新潮社社長)の佐藤隆信さんの
ご挨拶の後、
 河合隼雄さんが選評をお話下さった。

 続いて、私がスピーチ。
 小林秀雄さんを恐山で降ろしてもらった
話をして、
 それから「思い出すこと」の大切さについて話した。

 新潮ドキュメント賞を受賞された
中川一徳さんの「メディアの支配者」
の選評を桜井よし子さんが話され、
 続いて中川さんが賞を受けられた。

 パーティーには本当に沢山の方々が
来て下さった。
 会場の中を回りながら、知り合い同士を
紹介しようとするのだが、
 すぐに捕まってしまって、
名刺交換になってしまう。

 この日のために、裏に「volcano whale」を
あしらった名刺を新調した。
 まだ名刺はあるので、
この名刺が欲しい方は、会った時にご請求ください。
 このイラストは、6月30日の東京財団の
研究会の時に思わず描いてしまったものである。

最近のブログ記事

2007年分を週1個のペースで配信中です
過去、茂木さんがココログやご自身のWEB…
2006年までの公開が完了しました
2006年末までの音声ファイルの公開が完…
2005年までの公開が完了しました
2005年末までの音声ファイルの公開が完…

ポッドキャスト配信