美術解剖学 ゲスト:保坂和志

2005年12月25日 | クオリア日記の該当記事 | このファイルに関連するクオリア日記の記事

美術解剖学
2005.12.15
ゲストトーク:保坂和志「芸術の自由」

Podcast登録 : RSS | Apple

東京芸術大学上野キャンパス美術学部 中央棟 第3講義室(2F)
Download MP3, 49.8MB, 108分

この講義の 予告

クオリア日記より抜粋

=====
 東京芸術大学。保坂和志さんが
本年度最後の美術解剖学の授業に
来てくださる。
 保坂さんの掲示板でいつもお見かけしている
がぶんさんや、けいとさんなど
もいらっしゃる。
 タイトルは「芸術の自由」と勝手に
つけてしまったが、
 保坂さんは、サッカーの話や、
展開の話や、
 散文と韻文の関係など、
様々な側面から「自由」について語って
くださった。
 
 ボールを自由に繰るサッカー選手は、
足とボールの間の力学については
ある一定の規則性にしたがっており、
その意味では、最大に「不自由」である。

 The Whoの昔のビデオを見ると、
ステージでギターを叩き壊していたり
するが、
 そのような「自由」を「自由」だと
思ってしまうのではなく、
 いかに自分の思うように対象を
繰るか(小説の言語を紡ぎ出すか)
という関心の下に、最大の不自由を引き受けるか
ということが、最高の「芸術の自由」
である。
 私は保坂さんの話をそのように聞いた。


保坂和志公式ホームページの「がぶん@@編集室
のコーナーに授業の模様がアップされている。

 猫の世話があるというので、保坂さんは
すぐに帰り、
 送っていき方々、音楽学部の学生会館の
中で開催されていた「シカパンダ」のグループ展
を見に行く。

最近のブログ記事

2005年までの公開が完了しました
2005年末までの音声ファイルの公開が完…
2004年までの公開が完了しました
2004年末までの音声ファイルの公開が完…
2003年の公開が完了!
何度目かのデータクラッシュを経て、いまま…

ポッドキャスト配信