東京工業大学 工大祭における講演
「科学の恵み、技術の矜恃」
茂木健一郎

Podcast登録 : RSS | Apple

東京工業大学 大岡山キャンパス
Download MP3, 53.2MB, 58分

[クオリア日記より抜粋]

 「科学の恵み、技術の矜恃」
というタイトルで話す。
 しかし、会場の雰囲気とか、もろもろで、
実際には漫談になってしまった。

 最低限、大切なことは伝えたと思う。
 ガクサイの雰囲気の中で話すのは面白い。
 最近のトークの中では、一番
笑いが出ていた。

 工大祭実行委員会の諸君の
雰囲気がなんだか初々しくてまぶしい。
 ガクサイのパンフレットをつくる
んだって、そりゃあ大変だったろう。

 青春のエネルギーを惜しみなくあふれさせ、
浪費させること。
 いいなあ。

 生命の本質が浪費でなくって、他に
どのようなとらえ方があるだろうか。

 そもそも宇宙はやがてビッグクランチで
縮んでしまうか、
 熱的死を迎えるしかないのだ。

 つかの間の生命のなぎ。その中での、
ぱっと放出されるサンゴの卵のような、
惜しみなき、悔いの無き、潔き。

 筑摩書房の伊藤笑子さんもいらっしゃる。
 ごめんなさい。『科学の恵み』の
原稿、まだ書けていません。
 同じプリマー新書の著者である布施英利さんは
さすが優秀で、
 「ダ・ヴィンチ」を上梓した後、
すでにもう「ピカソ」を書き上げたという。

 もって範とすべし。

最近のブログ記事

2006年までの公開が完了しました
2006年末までの音声ファイルの公開が完…
2005年までの公開が完了しました
2005年末までの音声ファイルの公開が完…
2004年までの公開が完了しました
2004年末までの音声ファイルの公開が完…

ポッドキャスト配信