美術解剖学 ゲスト:森村泰昌

2006年11月13日 | クオリア日記の該当記事 | このファイルに関連するクオリア日記の記事

『森村泰昌による森村泰昌』
森村泰昌
東京芸術大学 美術解剖学 講義
2006-11-13

Podcast登録 : RSS | Apple

東京芸術大学 上野校地 美術学部 中央棟 第3講義室
Download MP3, 80.6MB, 88分

<関連情報>

森村さんは、11月11日より
個展を開かれています。

http://www.shugoarts.com/jp/morimura.html

http://www.morimura-ya.com/infomation/index/

森村さんは、現在発売中の中央公論新社『リクウ』
誌上でも作品を発表されています。

http://d.hatena.ne.jp/Ri-ku-u/searchdiary?word=%2a%5bokada%5d

====================================
[クオリア日記より抜粋]

美術解剖学の授業で、森村泰昌さんが
「私」の話をした。
 「セルフ・ポートレート」
というテーマを追求してきた森村さん。
 デュシャンの「レディ・メード」
がペインティングの技法における
革新であったとすれば、
 森村さんは選択することのできない
自分の肉体というマテリアルを
用いて
 レディ・メードを新展開させている。

 人間はひょっとしたら
出来損ないかもしれず、 
 その「理由」は「私」などというものを
確固として持ってしまった
ことにあるのかもしれないと
森村さんは言った。

最近のブログ記事

2007年分を週1個のペースで配信中です
過去、茂木さんがココログやご自身のWEB…
2006年までの公開が完了しました
2006年末までの音声ファイルの公開が完…
2005年までの公開が完了しました
2005年末までの音声ファイルの公開が完…

ポッドキャスト配信