美術解剖学 池上高志「意識とクオリア 一回性の問題」

2006年12月18日 | クオリア日記の該当記事 | このファイルに関連するクオリア日記の記事

美術解剖学 池上高志「意識とクオリア 一回性の問題」
池上高志 東京芸術大学講義 

東京芸術大学 美術学部 中央棟 第7講義室
Download MP3, 86.1MB, 94分

[告知]
東京芸術大学講義 
池上ファインマン高志(東京大学・複雑系研究) 
「意識とクオリア」

 科学と芸術の融合などと、がたがた
言ってるんじゃねえ。
 もともと同じもんじゃないか。
 そんなこともわからないのか!

 と、きっと池上は言っているんだと
思います(茂木談)

2006年12月18日(月) 
午後3時35分〜午後5時
東京芸術大学 上野校地 美術学部 中央棟 第7講義室(2F)
!通常と講義室が違います。中央棟の表示を
参照にいらしてください!

[クオリア日記より抜粋]

トラックバック(0)

トラックバック(0)

MP3の感想や関連した記事のトラックバックを歓迎したします。トラックバックは承認制ですが、どしどしトラックバックを送って下さい。

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 美術解剖学 池上高志「意識とクオリア 一回性の問題」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/MT-4.25/mt-tb.cgi/966

最近のブログ記事

「ブランドと脳」を公開しました。
下記の音声ファイルを公開しました。 [す…
「脳から見た同時代」を公開しました
下記の音声ファイルを公開しました。 [す…
「偶有性の自然誌」を公開しました。
下記の2点を公開しました。 [すぐ聞く]…

ポッドキャスト配信

上のリンクをクリックするとiTunesが起動し、もぎけんPodcastが登録されます。