茂木健一郎 『偶有性の自然誌』
Natural history of contingency

後半(2時間目)

前半はこちら


クオリア日記より抜粋

駒場の授業。
今後10年くらいでやっていく
「偶有性の自然誌」の構想を
述べる。

終了後、池上の研究室に行く。
池上自慢のファインマン直筆の
ダイアグラムを拝む。


クオリア日記の予告 http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2007/07/post_1933.html

東大駒場 認知科学講義

「偶有性の自然誌」
The natural history of contingency

2007年7月4日(水)
13:00〜14:30、14:40〜16:10
東京大学駒場キャンパス15号館104号室

トラックバック(0)

トラックバック(0)

MP3の感想や関連した記事のトラックバックを歓迎したします。トラックバックは承認制ですが、どしどしトラックバックを送って下さい。

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 偶有性の自然誌 後半

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/MT-4.25/mt-tb.cgi/989

最近のブログ記事

リブートするかもしれません
ご無沙汰しております。もぎけんPodca…
「ブランドと脳」を公開しました。
下記の音声ファイルを公開しました。 [す…
「脳から見た同時代」を公開しました
下記の音声ファイルを公開しました。 [す…

ポッドキャスト配信

上のリンクをクリックするとiTunesが起動し、もぎけんPodcastが登録されます。