MT::App

| | トラックバック(0)

カテゴリ:

MT::App - movabletype.org

NAME

MT::App - Movable Typeの基本ウェブアプリケーションクラス

SYNOPSIS

package MT::App::Foo;  
use MT::App;  
@MT::App::Foo::ISA = qw( MT::App );  

package main;  
my $app = MT::App::Foo->new;  
$app->run;

DESCRIPTION

MT::AppはMovableTypeウェブアプリケーションの基本クラス(base class)です。標準的なCGIかApache::Registry、あるいはmod_perlハンドラーとしてアプリケーションを動作させる基盤を提供します。MT::App は直接扱われるよりは、ほかのMovableTypeフレームワークを使ったウェブアプリケーションのための基本クラス(base class)として扱われる事を想定しています。

USAGE

MT::App はMTクラスのサブクラスで、MT::AppクラスはMTクラスのpublishingメソッドにアクセスできるようになっています。

MT::App subclasses the MT class, which provides it access to the publishing methods in that class.

CALLBACKS

  • <package>::template_source
  • <package>::template_source.<filename>

       callback($eh, $app, \$tmpl)
    

    MT::Templateファイルがロードされた後に実行されます。<package>部分は実行しているアプリケーションのフルパッケージ名(full package name)です。例えば:

       MT::App::CMS::template_source.menu
    

    これはMT::App::CMSアプリケーションにおけるmenu.tmplをロードするためのフルコールバック名になります。"MT::App::CMS::template_source"コールバックは、CMSによってすべてのテンプレートの読み込みのためにも呼び出されます。(訳者注:よくわからん)最後に、以下のような方法でフックする事もできます。

       *::template_source
    

    ワイルドカード付きのコールバック名で、アプリケーションによらず、全ての読み込まれたMT::Templateファイルを捕捉します。

  • <package>::template_param

  • <package>::template_param.<filename>

       callback($eh, $app, \%param, $tmpl)
    

    このコールバックはMT::App->build_pageメソッドと同時に呼び出されます。$param引数はMT::Templateパラメータデータのハッシュリファレンスで、ページを生成するためにテンプレートに渡されます。

  • <package>::template_output

  • <package>::template_output.<filename>

       callback($eh, $app, \$tmpl_str, \%param, $tmpl)
    

    このコールバックはMT::App->build_pageメソッドと同時に呼び出されます。$tmpl_strは文字列ハッシュで、MT::App->build_pageメソッドによって構築されるページを指し示します。これはリファレンスなので、コールバックによって修正する事ができます。$paramパラメータは構築するページに渡されたパラメータデータへのハッシュリファレンスです。$tmplパラメータはページを生成するために用いられるMT::Templateオブジェクトです。

METHODS

*  MT::App->new
* $app->init_request
* $app->run
* $app->login
* $app->logout
* $app->send_http_header([ $content_type ])
* $app->print(@data)
* $app->bake_cookie(%arg)
* $app->cookies
* $app->user_cookie
* $app->user
* $app->clear_login_cookie
* $app->current_magic
* $app->make_magic_token
* $app->template_paths
* $app->find_file(\@paths, $filename)
* $app->load_tmpl($file[, @params])
* $app->set_default_tmpl_params($tmpl)
* $app->charset
* $app->add_return_arg(%param)
* $app->call_return
* $app->make_return_args
* $app->mode([$mode])
* $app->state_params
* $app->return_args([$args])
* $app->return_uri
* $app->uri_params(%param)
* $app->session([$element[,$value]])
* $app->start_session([$author, $remember])
* $app->make_session
* $app->session_user($user_obj, $session_id, %options)
* $app->show_error($error)
* $app->envelope
* $app->static_path
* $app->takedown
* $app->add_breadcrumb($name, $uri)
* $app->add_methods(%arg)
* $app->add_plugin_action($where, $action_link, $link_text)
* $app->plugin_actions($type)
* $app->app_path
* $app->app_uri
* $app->mt_path
* $app->mt_uri
* $app->blog
* $app->touch_blogs
* $app->build_page($tmpl_name, \%param)
      o How does build_page find a template? 
* $app->build_page_in_mem($tmpl, \%param)
* $app->process_mt_template($str)
* $app->tmpl_prepend(\$str, $section, $id, $content)
* $app->tmpl_append(\$str, $section, $id, $content)
* $app->tmpl_replace(\$str, $section, $id, $content)
* $app->tmpl_select(\$str, $section, $id)
* $app->cookie_val($name)
* $app->delete_param($param)
* $app->errtrans($msg[, @param])
* $app->get_header($header)
* MT::App->handler
* $app->init(@param)
* $app->is_authorized
* $app->is_secure
* $app->l10n_filter
* $app->param($name[, $value])
* $app->param_hash
* $app->post_run
* $app->pre_run
* $app->query_string
* $app->request_content
* $app->request_method
* $app->response_content_type([$type])
* $app->response_code([$code])
* $app->response_message([$message])
* $app->set_header($name, $value)
* $app->validate_magic
* $app->redirect($url, [option1 => option1_val, ...])
* $app->base
* $app->path
* $app->script
* $app->uri([%params])
* $app->path_info
* $app->log($msg)
* $app->trace(@msg)
* $app->remote_ip

略。たくさん。


NAME

MT::App - Movable Typeの基本ウェブアプリケーションクラス

MT::App - Movable Type base web application class

SYNOPSIS

package MT::App::Foo;  
use MT::App;  
@MT::App::Foo::ISA = qw( MT::App );  

package main;  
my $app = MT::App::Foo->new;  
$app->run;

DESCRIPTION

MT::AppはMovableTypeウェブアプリケーションの基本クラス(base class)です。標準的なCGIかApache::Registry、あるいはmod_perlハンドラーとしてアプリケーションを動作させる基盤を提供します。MT::App は直接扱われるよりは、ほかのMovableTypeフレームワークを使ったウェブアプリケーションのための基本クラス(base class)として扱われる事を想定しています。

MT::App is the base class for Movable Type web applications. It provides support for an application running using standard CGI, or under Apache::Registry, or as a mod_perl handler. MT::App is not meant to be used directly, but rather as a base class for other web applications using the Movable Type framework (for example, MT::App::CMS).

USAGE

MT::App はMTクラスのサブクラスで、MT::AppクラスはMTクラスのpublishingメソッドにアクセスできるようになっています。

MT::App subclasses the MT class, which provides it access to the publishing methods in that class.

CALLBACKS

  • <package>::template_source
  • <package>::template_source.<filename>

       callback($eh, $app, \$tmpl)
    

    MT::Templateファイルがロードされた後に実行されます。<package>部分は実行しているアプリケーションのフルパッケージ名(full package name)です。例えば:

    MT::App::CMS::template_source.menu
    

    これはMT::App::CMSアプリケーションにおけるmenu.tmplをロードするためのフルコールバック名になります。"MT::App::CMS::template_source"コールバックは、CMSによってすべてのテンプレートの読み込みのためにも呼び出されます。(訳者注:よくわからん)最後に、以下のような方法でフックする事もできます。

        *::template_source
    

    ワイルドカード付きのコールバック名で、アプリケーションによらず、全ての読み込まれたMT::Templateファイルを捕捉します。

    Executed after loading the MT::Template file. The <package> portion is the full package name of the application running. For example,

         MT::App::CMS::template_source.menu
    

    Is the full callback name for loading the menu.tmpl file under the MT::App::CMS application. The "MT::App::CMS::template_source" callback is also invoked for all templates loading by the CMS. Finally, you can also hook into:

        *::template_source
    

    as a wildcard callback name to capture any MT::Template files that are loaded regardless of application.

  • <package>::template_param

  • <package>::template_param.<filename>

    callback($eh, $app, \%param, $tmpl)
    

    このコールバックはMT::App->build_pageメソッドと同時に呼び出されます。$param引数はMT::Templateパラメータデータのハッシュリファレンスで、ページを生成するためにテンプレートに渡されます。

    This callback is invoked in conjunction with the MT::App->build_page method. The $param argument is a hashref of MT::Template parameter data that will eventually be passed to the template to produce the page.

  • <package>::template_output

  • <package>::template_output.<filename>

    callback($eh, $app, \$tmpl_str, \%param, $tmpl)
    

    このコールバックはMT::App->build_pageメソッドと同時に呼び出されます。$tmpl_strは文字列ハッシュで、MT::App->build_pageメソッドによって構築されるページを指し示します。これはリファレンスなので、コールバックによって修正する事ができます。$paramパラメータは構築するページに渡されたパラメータデータへのハッシュリファレンスです。$tmplパラメータはページを生成するために用いられるMT::Templateオブジェクトです。

    This callback is invoked in conjunction with the MT::App->build_page method. The $tmpl_str parameter is a string reference for the page that was built by the MT::App->build_page method. Since it is a reference, it can be modified by the callback. The $param parameter is a hash reference to the parameter data that was given to build the page. The $tmpl parameter is the MT::Template object used to generate the page.

METHODS

略。たくさん。

comments powered by Disqus

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: MT::App

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/MT-4.25/mt-tb.cgi/315

comments powered by Disqus

このブログ記事について

このページは、Shinichi Nozawaが2009年2月19日 17:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MTをWikiっぽくする」です。

次のブログ記事は「プラグインの基本:初めてのMovable Typeプラグインを作る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。