Amazon S3のキー概念

| | トラックバック(0)

カテゴリ:

This section describes key Amazon S3 concepts.

オブジェクト:Objects

オブジェクトはAmazon S3に保存される基本的要素(fundamental entities)です。オブジェクトはデータとメタデータからなり、サイズは1Bから5GBまで可能。データ部分はAmazon S3では意味をなしません(opaque)。メタデータは名前と値(name-value)の組で、オブジェクトを記述しています。加えて、Content-Typeのような標準的HTTPメタデータ情報ももちます。開発者は、オブジェクトを保存するときに独自メタデータを付与することもできます。

Objects are the fundamental entities stored in Amazon S3. Objects consist of object data and metadata and can be from 1 byte to 5 gigabytes in size. The data portion is opaque to Amazon S3. The metadata is a set of name-value pairs that describe the object. In addition, there are some standard HTTP metadata entries such as Content-Type. The developer can also specify custom metadata when the object is stored.

バケット:Buckets

オブジェクトはバケットの中に保存されます。バケットは唯一(unique)の名前空間をバケット内のオブジェクトを操作するために提供します。あなたが生成したそれぞれのバスケットはあなたが所有しており、 請求書の作成に使われます。バケット内のすべてのオブジェクトに対し保存料金(strage fee)が課金がなされ、バケットに対する読み出しと書き込みに対して回線料金(bandwidth fee)が課金されます。バケット内に保存するオブジェクト数に制限はありません。バケット名に対する名前空間はグローバルなので、開発者1人につき所有できるバケットの数は100に制限されています。

Objects are stored in buckets. The bucket provides a unique namespace for management of objects contained in the bucket. Each bucket you create is owned by you and is used for billing. You are charged storage fees for all objects stored in the bucket and bandwidth fees for all data read from and written to the bucket. There is no limit to the number of objects that you can store in a bucket. Since the namespace for bucket names is global, each developer is limited to owning 100 buckets at a time.

キー:Keys

キーは、バケット内にあるオブジェクトを同定するためのただひとつのものです。バケット内のすべてのオブジェクトは必ず一つのキーのみ持っています。バケットとキーの組はただ一つのオブジェクトを同定するので、Amazon S3を「バケット+キー」とオブジェクト間の基本的マップと考えることができます。Amazon S3内のすべてのオブジェクトは、service endpointとバケット名とキーの組み合わせを通して指し示すことができます。例えば、http://doc.s3.amazonaws.com/2006-03-01/AmazonS3.wsdlの中では、docがバケット名、http://doc.s3.amazonaws.com/2006-03-01/AmazonS3.wsdlがキーになります。

A key is the unique identifier for an object within a bucket. Every object in a bucket has exactly one key. Because a combined bucket and key uniquely identify each object, you can consider Amazon S3 a basic data map between "bucket + key" and the object itself. Every object in Amazon S3 can be uniquely addressed through the combination of the service endpoint, bucket name, and key. For example, in http://doc.s3.amazonaws.com/2006-03-01/AmazonS3.wsdl, "doc" is the name of the bucket and "http://doc.s3.amazonaws.com/2006-03-01/AmazonS3.wsdl" is the key.

comments powered by Disqus

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Amazon S3のキー概念

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/MT-4.25/mt-tb.cgi/381

comments powered by Disqus

このブログ記事について

このページは、Shinichi Nozawaが2009年5月 2日 20:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Amazon S3を使いたい。」です。

次のブログ記事は「FTP感覚でAmazon S3にファイルを置く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。