MT4.1からMT4.25へ

| | トラックバック(0)

カテゴリ:

ちょっと前にMT4.23をMT4.25にする記事を書いたけど、
今度はMT4.1をMT4.25にしてみた。

このブログを書いているMTのバージョンがずっと4.1のままで、
記事数も多いし、日常的に使っているものでもあるので、
アップグレードしてもし不具合が起きたら困ると思って、
ずっと先延ばしになっていた。

今日はすこし時間ができたので、やってみた。

MT4.23->MT4.25の時と同じく、やり方は簡単。

MT4.25をzipのままアップロード。

sshでログインして、unzip MT-4_25-ja.zipとやって解凍。
(さくらのレンタルサーバで、「example.sakura.ne.jp」というドメイン名だったら、
ターミナルで「ssh example@example.sakura.ne.jp」と打てば、
sshで接続できる。初めてsshで接続するときは
「The authenticity of host 'example.sakura.ne.jp (124.123.123.112)' can't be established.
DSA key fingerprint is ********.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? 」と聞かれるので
yesと打って、それからパスワードを打てばログインできる。)

フォルダ名を変更して、ブラウザを開き、MT4.25のmt.cgiのURLを叩く。

アップグレードのウィザードを開始する画面がでてくるが、
その前に、データベースのバックアップをとっておく。
このMTではSQLiteを使っているので、
データベースファイルをダウンロードするなりコピーするなりすればOK。簡単。
MySQLの場合は知らない。たぶんXMLなんかにダンプするのだおうか?

で、ウィザードを開始。
データベースはMT4.1で使っていたデータベースの場所を指定する。

あとは適当に答えれば、データベースを更新してくれて、
ログインできるようになる。
けっこうデータベースの更新は膨大だった感じ。

で、あっさりアップグレードはできて、いまこれを書いている。

やっぱりMT4.1に比べてMT4.2系は動作が速い気がする。

テンプレートなどもそのままなので、移行の手間はほとんどかからない。
唯一、手動で移行しないといけないのは、
プラグインである。
これは手で移さないといけない。

アクションストリームを使ってみよう。

(追記)MT4.1はログインでいなくなってしまった。

> Can't call method "execute" on an undefined value at /home/nozawashinichi/www/MT4_1/extlib/Data/ObjectDriver/Driver/DBI.pm line 118.

というエラー。

comments powered by Disqus

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: MT4.1からMT4.25へ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/MT-4.25/mt-tb.cgi/460

comments powered by Disqus

このブログ記事について

このページは、Shinichi Nozawaが2009年6月 9日 16:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MT4.23からMT4.25へ」です。

次のブログ記事は「MT4.25にしたら動かないプラグイン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。