Google Analyticsのトラッキングコードが新しくなったらしい

| | トラックバック(0)

新しくなったけど、これまでのものも継続して使用できるらしいので、 めんどくさかったらそのままでも大丈夫。

新型と旧型でほぼ差はないといって良い。

唯一の差が新型はBodyタグの直前にトラッキングコードを置かなくても良いこと。

両者の唯一の違いは、計測対象ページへの挿入場所です。 従来のga.js トラッキングコードの場合、body セクションの最後に挿入することを ご推奨しておりました。 一方、新しい非同期トラッキングコードは、 他のJavaScript コードの読み込みが完了しなくても正常にロードできるため、 HTMLファイル内の head セクション内に記述することが可能です。 ページ末尾に入れる ga.js の場合、 ページの読み込みに時間がかかると、 離脱したセッションを正確に計測できないという不都合がありましたが、 新しいトラッキングコードでは そのような懸念がなくより正確なデータを計測できるため、 ぜひ多くのユーザーの皆さまにご利用頂ければと思います。

ということで、ページのどこにおいてもいいし、 Headタグの中に書いて、 HTMLのソースをすっきりさせることも可能だそうだ。

comments powered by Disqus

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Google Analyticsのトラッキングコードが新しくなったらしい

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/MT-4.25/mt-tb.cgi/679

comments powered by Disqus

このブログ記事について

このページは、Shinichi Nozawaが2009年12月 8日 10:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メモ about 192.168.0.0」です。

次のブログ記事は「MacのSCPとFTPはCyberduckでOK」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。