Google Chart で最低限与えるパラメータ

| | トラックバック(0)

カテゴリ:

Google Chartでグラフを書くときに与える、最低限のパラメータについて。

先頭のURL

  • https://chart.googleapis.com/chart?

グラフのタイプ:cht

例えば棒グラフなら「bvg」と「bvs」と「bvo」があり、
線グラフだと「lc」「ls」「lxy」がある。
他にも円グラフや散布図などいろいろある。

グラフのサイズ:chs

出力されるグラフの画像のサイズ。
「300x200」などと入力する。
最大で300,000ピクセルまで。
縦と横は最大で1000ピクセルまで。
例えば「800x600」は480,000ピクセルになるので作れない。
「700x400」は280,000で<300,000なのでOK。

グラフのデータ:chd

グラフを書くにはデータがないとどうにもなりませんから、
ここにデータを書きます。
で、数字の書き方にはいくつかの流儀がありますが、
ここではBasic Formatを書くにとどめます。
データは1から100の範囲の小数点のみ許容されます。
なので、100を超える数値がある場合は、 適切なスケーリングを行う必要があります。

t:20,30,50,80

この先頭の「t:」というのがBasic Formatでデータを書いているよ、
という意味になります。
他に「e:」とか「s:」があります。

サンプル

上記のパラメータのパラメータ名とパラメータ値は「=」でつなぎ、
パラメータ同士は「&」でつなぎます。

こんな風になります。

https://chart.googleapis.com/chart?
cht=bvg&
chs=300x200&
chd=t:20,30,50,80

comments powered by Disqus

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Google Chart で最低限与えるパラメータ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/MT-4.25/mt-tb.cgi/825

comments powered by Disqus

このブログ記事について

このページは、Shinichi Nozawaが2011年3月26日 12:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「GoogleChartを使う」です。

次のブログ記事は「google pretty printを導入してみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。