CGI.pmのメモ1

| | トラックバック(0)

メモメモ

自己参照のメソッド

  $myself = $q->self_url;  
    print q(<a href="$myself">I'm talking to myself.</a>);

trタグには気をつけろ!

メソッドをインポートするときに、useの後に下記のように書くと、
例えば div タグだったら start_div とend_divというタグが使えるようになる。

use CGI qw/start_div start_p/;

これで、start_divとそれに対応するend_divも使えるようになる。
これと等価なのが、start_ と書くかわりにアステリスクを書く方法

use CGI qw/*div *p/;

で、こうやってどんなタグでもインポートできるのだが、1つ例外があって、
それが table タグの中で使う tr タグ。

use CGI qw/*tr/;

とか

use CGI qw/start_tr/;

とやってもダメ。

なぜなら、tr という関数はperlの組み込み関数と干渉するから。
それを回避するためには、 start_tr ではなく、 start_Tr とかかけばよい。
(なんというお手軽ハック)

use CGI qw/start_Tr/;

で、そういうタグは他にもあって、下記がそのように小文字を大文字に
変えて対応するタグの一覧。

  • Select
  • Tr
  • Link
  • Delete
  • Accept
  • Sub
comments powered by Disqus

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: CGI.pmのメモ1

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/MT-4.25/mt-tb.cgi/1099

comments powered by Disqus

このブログ記事について

このページは、Shinichi Nozawaが2013年5月15日 22:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ファイルのユーザー名とグループ名を取得する」です。

次のブログ記事は「Gitでcloneしても、パーミッションが保存されない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。