Sublime Text 2 に Markdown Previewいれた

| | トラックバック(0)

Sublime Text 2 で編集した Markdown をすぐにみられるように、Markdown Previewという Sublime Textのプラグインを入れてみた。

インストールの方法などは、上記に譲るとして、キーバインディングについてメモ書き。

{
    "keys": ["ctrl+m"],
    "command": "markdown_preview",
    "args": {
        "target": "browser",
        "parser": "github"
    }
}
  • 今回入れたのは win 8.1 のSublime Text 2
  • alt+mだとほかのキーバインディングとバッティングするのかうまくいかなかったのでctrl+mにした。
  • "parser": "github" の部分を省くと、Markdownから生成されるHTMLのデザインがそっけないものになる。
  • 自分の環境だと、ブラウザを再読み込みしてもMarkdwonは更新されなかった
  • その都度、 ctrl+m が必要
comments powered by Disqus

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Sublime Text 2 に Markdown Previewいれた

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/MT-4.25/mt-tb.cgi/1191

comments powered by Disqus

このブログ記事について

このページは、Shinichi Nozawaが2014年3月24日 15:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「github で README.md を置くと」です。

次のブログ記事は「Perlで DB: DBIモジュール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。