2004年アーカイブ

ゲスト・レクチャー 椿昇さん

トラックバック(0)

2004年度 後期第6回

セレンディピティという言葉の起源、科学におけるセレンディピティ、芸術におけるセレンディピティ、セレンディピティを成り立たせる脳のメカニズム、学生それぞれのセレンディピティ体験
 

トラックバック(0)

布施英利 × 茂木健一郎 対談 「芸術と科学を巡って」

朝日カルチャーセンター 講座
「脳とこころを考える」 ー美しいと感じる脳ー
第5回 
午後6時30分〜8時30分 

トラックバック(0)

東京芸術大学 美術解剖学 後期第5回

生の現場における一回性の文脈

藤本徹、杉原信幸、植田工、蓮沼昌宏などとの
議論あり。

 生の現場における一回性の文脈について考えます。自らが置かれた文脈の切実さをいかに引き受け、歴史性の中でオリジナルな作品を生み出すことができるか、ということについて議論します。 

トラックバック(0)

Artilligent School 講演

ITの成長の限界、クオリアのプレミアム、脳の感情のシステム、記憶と創造性、 文學界連載、セレンディピティ、質疑応答「セレンディピティとは何か」、「私のセレンディピティ」

トラックバック(0)

日本ワーグナー協会 第250回例会
ワーグナー・ゼミナール(182)

音声ファイル3 ワーグナーの反現代ー文脈主義を超えて+質疑応答

トラックバック(0) コメント(2)

日本ワーグナー協会 第250回例会
ワーグナー・ゼミナール(182)

音声ファイル2 ワーグナーと宗教的体験

トラックバック(0)

日本ワーグナー協会 第250回例会
ワーグナー・ゼミナール(182)

音声ファイル 1 ワーグナーにおける仮想

トラックバック(0)

第3回ソニー科学教育研究会全国大会
埼玉県蓮田市蓮田南中学校講演
「心と脳の不思議」

科学の醍醐味とは? アインシュタイン、脳のしくみ。コンピュータと脳の違い、チューリング、感情、ドーパミン、神経経済学、安全基地、他者との関係、養老孟司はゲーマー、ゲーム脳、質疑応答

トラックバック(0)

束芋×宇川直宏×茂木健一郎 鼎談

トラックバック(0)

2004年度 後期第4回
愛によって脱落するもの

トラックバック(0)

〜創造する脳をはぐくむ〜 どこからうまれる!? 『わたし』『こころ』

北九州ひびきの講演

トラックバック(0)

東京芸術大学『美術解剖学』講義 
後期第3回

特別講義 
ゲスト 池上高志(東京大学、複雑系、認知科学)
Subtleness, Dynamics, Precision

15:35 〜 17:00

トラックバック(0)

東京芸術大学美術解剖学講議 
2004年度 後期第二回
脳の中の文脈主義、仏教について

トラックバック(0)

小崎哲哉さんとの対談 (先見清談)

文脈主義、視覚優位、芸術、文学 

トラックバック(0)

日仏学際シンポジウム 
講演 

Don't let the context kill the life in you and the arts.
(講演は日本語)

トラックバック(0)

福井ライフアカデミー講演
脳科学の最前線 〜脳と心の不思議な関係〜
(創造性、コミュニケーション、感情について)

トラックバック(0)

「脳内現象」刊行記念
「意識はいかに成り立つか〜脳と時間をめぐって」

トラックバック(0)

京都精華大学 アセンブリーアワー 
講演 『脳から見た美とはなにか』

計97分(講演70分、質疑応答27分)

トラックバック(0)

日本認知言語学会 第5回大会
茂木健一郎 「鏡」から「コンティンジェンシー」ヘ:
言語の認知プロセスについての考察
(talk 80分、質疑応答 30分)

トラックバック(0)

ポッドキャスト配信

上のリンクをクリックするとiTunesが起動し、もぎけんPodcastが登録されます。